社外活動

2016/08/20

■crunchって何?

・辞書ファイルを生成するためのソフトウェア

・UNIXで動作する

・CUIで操作するためTerminalで実行する

・時々、パスワード辞書攻撃に使用

study_15

■crunchの書式

# crunch [ ] [ options ]

・ : 最小の桁数を指定

・ : 最大の桁数を指定

■crunchのオプション( crunch version 3.6)

・ -b [ type ] : 指定した容量で出力ファイルを分ける

※numberとtypeの間には、スペースを入れてはいけない

例 >> 「20Mバイトごとに出力ファイルを分ける」


study_16

⇒ aaaa-gvfed.txt  20Mバイト

⇒ gvfee-ombqy.txt  20Mバイト

⇒ ombqz-wcydt.txt  20Mバイト

⇒ wcydu-zzzzz.txt  11Mバイト

・ -c < 行数 > : 出力するファイルの行数を指定する

※ -c オプションを使用する場合は「 -o START 」を使用する

例 >> 「60行ごとに出力ファイルを分ける」


study_17

study_18


study_19

⇒ a-bh.txt ~ wc-yj.txt  各60行

⇒ yk-zz.txt          42行

・ -d < number >< ワイルドカードのシンボル > : 重複する文字の数を制限

例 >> 「小文字で重複する文字を2文字までとする」

study_20

study_21

⇒ 各文字例で重複する小文字が2個までに制限されている

・ -e < 文字列 > : 指定した文字列を出力した時点でcrunch終了

例 >> 「文字列 bbb を出力した時点で終了させる」

study_22

study_23

・ -f < 文字セットのファイルのパス >< 文字セット名 > : 文字セットを含む

ファイルと文字セット名を指定する

例 >> 「ターゲットが5桁の英字のみのパスワードを使用しており、それに対応する辞書フ

ァイルを生成する」

※今回は、Kali LinuxにインストールされているRainbowCrackを使用する

※ファイルの場所は ” /usr/share/rainbowcrack/charset.txt

※charset.txt ファイルには、アルファベットの小文字と大文字だけを含む文字セット

“mixalpha” が存在する

study_24

study_25

study_26

study_27

続く…